VOL.6

 みなさまいかがお過ごしでしょうか、もうすっかり秋本番ですね。というかもう最近めっきり寒くなってきましたね。松茸は食べましたか?私は食べてません。風邪などひいてませんか? 私はひきましたよ。かなりひきずってますよ。さて、ここ最近の個人的なニュースというか一大決心した事がありまして、ギターを買ってしまいました。
 ギターを買うのは4年振りのことです。とっても嬉しくて買ったその日はずーっと触ってました。一緒に寝たかったのですが、多分壊れるか怪我をすると思うので我慢しました。ギブソンのメロディメーカーというエレキギターで、1961年製の中古品で、(かっこよく言えば「ビンテージ」)ボディーが薄くて軽くて傷だらけで、とっても味が出まくったしぶ〜いギターなんです。古いギター特有の何とも言えない匂いもします。この器種はいろんなタイプのものが世に送り出されているらしく、私がゲットしたのはシングルコイル(ピックアップがリアに一個)でつまみはヴォリュームとトーンだけです。実は前々からこの手のしぶ〜い路線の中古ギターを捜していたんです。特にレスポールjrとこのメロディメーカーの2種類が気になってました。また他にもフェンダー社のデュオソニックやトルネードという器種なども気になっていたのですが、ギブソンのギターを持っていなかったというのと、やはり楽器店に並んでるのを見た瞬間の第一印象が、私を惹き付けて離さなかったというのが決め手となりました。
 折り紙付きのビンテージものになってくると、その値段の高さに手が出ません。実際家でお菓子を食べながらギターの雑誌をめくっていても「う〜む、カッコイイなーでも高いなー」という感じだったのですが、今回私が買ったものは「今買わなきゃ一生後悔しそう」な割と安い値段だったのです。恥ずかしながら私はアンプを持っていないので家で鳴らせません。ていうかアンプを持っていたとしても、普通 のアパートでは怖くて鳴らせません。だからこないだとある練習スタジオで、その日はアコギしか使わないのに持っていって思いっきり鳴らしてみました。すると本当に思惑通 りやるせな〜い、良い意味でへなちょこな音がしました。きっと上手い人が弾いたら鳴り方も違うのでしょうが、私はこの音にとりあえず満足してます。このギターでしかあり得ない音です。41歳のギターのくせに青少年のような音です。今後実際バンドの中でレコーディング、ライブで使うのが非常に楽しみなのです。今は夜な夜な電気を通 さずにつま弾いております。新しいギターを買うと新しいフレーズやコード進行が生まれてくるので曲作りが楽しくなってきます。といっても相変わらずそんなに速く作れませんが。

BACK<< >>NEXT
(02.11.05更新)

※SAへのバンド出演依頼 、タイセイ(SA)含むBoo Zee LoungeクルーへのDJ出演依頼、 ブライアン・バートンルイスへのDJまたはMC出演依頼は、familiesまで。   ※本サイトへのご意見、ご感想はこちらへ