VOL.3

 皆様いかがお過ごしでしょうか。この原稿は自宅のパーソナルコンピューターを駆使して書いています。どこかで花火大会をやっているらしく、時折遠くで「どん」という低い音が聞こえてきます。さて夏も本番ですね。暑いですね。とても暑いですね。本当に暑いです。眠る時も遂に冷房装置を作動させるようになりました。でもつけっ ぱなしは明らかに体に悪いし、電気代も相当なものになるでしょうということで、ここはひとつタイマー機能を使おうよそうしようよということなんですが、そうすると私の部屋のお約束の設定というのが「28度の弱風」なんですが、ベッドにもろ「やませ」のように吹き下ろしてくるので十二分に涼しいのですが1時間で切れるように設定しているとタイマーが切れてから1時間程経った頃に汗だくで起きてしまいます。これを2〜3回繰り返して睡眠時間終了となるのですがなんだか暑さやエアコンに振り回されてるようで悔しかったりもします。話しは少しそれますが冷房装置についてなんですが、まずリモコンに「温度」という表示が出ますが、例えば22度に設定したから22度の風が出て来るんじゃなくて、室温が22度になるまで冷やすということらしいです。これは前から知ってたんですが最近テレビで観て驚いたのは「ドライ」と「冷房」では「ドライ」の方が一生懸命除湿しようとして余計に冷やしてしまうんだそうです。設定は22度なのに実際の室温は20度なんて事もあるらしいのです。ずっと「ドライ」の方が電気代がかからないと勝手に思いこんでました。
  僕はもうかれこれ10年くらい前から夏が嫌いです。別 に10年前に夏が嫌いになるような体験をしたわけではないのです。ただ暑い日中に外を歩くのが嫌なのです。あの圧迫感。一瞬気が遠くなりそうです。自分自身の汗の臭いにやられそうになることもしばしばです。これらは皆さんも好きだという人は少ないのではないでしょうか。高校生の頃あたりから、そんなことを感じるようになりました。もっと幼い頃はどうだったかよく思い出せないのですが、長い夏休みもあるこの季節は嫌いではなかった様な気がします。なにしろ「ああ、そのまた暑い夏が来るのかね。。。」なんてこと子供の頃は考えたりしませんでした。でもまあ夏が嫌いとはいっても、「あ、なんかいいなーこの感じ。」っていう瞬間も沢山あります。ぐんぐん成長する木々の葉や力強い雲の形をみると漠然とではありますが希望が湧いてくるし夕日が遂に落ちていく時の喪失感はなにか優しさに変わっていくような気分になります。浴衣姿の女性も素敵に見えたり。
  また花火が「どん」と低く鳴りました。

BACK<< >>NEXT
(02.08.02更新)

※SAへのバンド出演依頼 、タイセイ(SA)含むBoo Zee LoungeクルーへのDJ出演依頼、 ブライアン・バートンルイスへのDJまたはMC出演依頼は、familiesまで。   ※本サイトへのご意見、ご感想はこちらへ