彼らの音源を初めて聴いたのは'98年、川崎クラブチッタでのポンさんのDJだった。その頃、すでにスカパンクの大きな波が来つつあって、その時点で僕が日比谷野外大音楽堂で開催される“SKA OF iT ALL 1998”に行くことになっていたかどうかは定かでないが、ポットショットの名前を確実に刻み込み、ファーストアルバムをソッコー購入。そのキャッチーなメロディと壮快なサウンドにすっかりハマッてしまい、野音がさらに楽しみになったことは鮮明に覚えて そして、その野音のイベントでライヴを初体験。当時『BANDやろうぜ』の編集に携わっていた僕は、会場にてスタッフであろう人物に声を掛けて名刺交換をした。それから約7年。彼らのライヴを何本見たかなんて、もうわからない。ツアー毎に地方にも押しかけたし、アメリカツアーにも一部同行した。僕がオーガナイズしたアルバム『THE MODS TRIBUTE 〜SO WHAT!!〜』にも参加してもらったし、弊社主催イベント“BANDS JAPAN gig”の記念すべき第1回にも出演してもらった。そして彼らのCDブック『ALL THIS AND MORE OF POTSHOT』の制作にも携わることができた。

 あらためて思ったのは、彼らはもう若手じゃないってことだ(笑)。言うまでもなく、10代の青春をポットショットの音楽と共に過ごした現在20代の若者は多いし、中にはライヴシーンで活躍中のミュージシャンも多い。彼らにとってポットショットの解散は、非常に感慨深いものがあるだろう。僕は擦れた大人なので(笑)、感傷的になるというよりは、“これからだぞ!”とエールを送りたい気持ちのほうが強い。特にリョウジ(Vo)、チャッキー(Tb)、サトシ(Gt)に対しては。これからも音楽で生きていってほしいしね。

 そんなわけでラストライヴ。本編が20曲で、アンコールは20曲以上という、ほぼ2部制のライヴとなった。本編はスーツ&サングラスでクールに、そしてアンコールでは各自ポロシャツやTシャツ、ジーンズ、短パンなど、ラフな衣装で。アンコールの選曲は当然、初期に重点を置いたもので、アンコール2も含めて22曲。1曲1曲が短いということもあり、浸る間もなくアッサリ…というか勢いを保ったまま終わってしまった感じだ(さすがにアンコール2での「EVERY RAIN LETS UP」はグッと来たけど)。そして最後は、やはりコレじゃなきゃ終われない「CLEAR」。ラフィンノーズで言うところの「GET THE GLORY」ですね、まさに!

 その後も続いたアンコールに応えることはなかったが、場内にアコースティックヴァージョンを中心としたBGMが流れ始め、スクリーンには次々と泣かせる写真が…。それも終わりかかる頃、機材トラブルにより、もう一回最初から(笑)。そんな2枚目になり切れない彼ららしいご愛嬌もありつつ、最後はこの日、会場の屋外で撮影した(日付が入っていた)、いい笑顔のバンドショットが映し出された。そう言えば…オフィシャルカメラマンの倉持氏をポットショットに引き合わせたのは、実は僕。自分の中だけでのことだが、ちょっと誇らしげに感じられた。

 終演後、ロビーで行なわれたメンバー挨拶では、おそらく前日の阪神リーグ優勝の影響だろうが(笑)、何とビールかけの嵐。標的はもちろん、ステージ上でボロ泣きしてしまったサトシ(Gt)。最後まで、こういう役回りがピッタリな男なのだ。ミッチィー(Tp)も楽屋でボロ泣きしてたそうだけど、お客さんには見せないところに美学を感じますね。

 なお、この日の模様を収録したDVDが、来年1月に発売決定! それぞれの活動を見守りつつ、DVDにも期待しよう。


サトシ(Gt)のバンド LIFEMUSIC
http://www3.to/lifemusic

チャッキー(Tb)のバンド BRAVO☆BROTHERS
http://www.bravo-brothers.com

イチカワ(Ba)&ミッチィー(Tp)のバンド BUG'S FEED
http://www.bugsfeed.com

ミッチィー(Tp)の参加バンド V&40
http://v40.gooside.com

コバヤシ(Dr)のサイト
http://www004.upp.so-net.ne.jp/go5884yu/

 

『POTSHOT FOREVER -BEST AND RARITIES』
TV-FREAK
TV-088〜089 2,940円(税込)
発売中
●ディスク1には、ファンとメンバーとで選んだベスト31曲。ディスク2には結成当時の貴重音源やこれまでの未発表音源などのレアもの26曲を収録。1曲あたり約50円ということで、まさにファン思いの彼らからの最後のプレゼントだ!
http://www.ukproject.com/potshot

 

SET LIST