ゲンちゃんの“カッコイイ”とかって、
ほとんどアテにならなかったから
ボクたち、全然信用してなかったんです

●まずは結成のきっかけから聞いちゃいましょうか。
カモ
:最初にオレとベースのヨースケ、ドラムのゲンが3人でバンドを組んでたんですけど、そのときにヴォーカルが抜けてしまって。それで、街のスタジオとかライヴハウスにメンボの紙を貼ったんですけど、普通 “ヴォーカル募集”とか、そういう感じですよね。でもオレたちは、“西城秀樹求む”って書きました。
アスタ:で、その紙を見て、ボクがビビビと来て。
カモ:“オレだ!”って思ったんだ。
アスタ:オレを呼んでると思った。
●その募集に反応してくれる人がいて良かったですね(笑)。
ヨースケ:
ホント、良かったですよねぇ! 最初はゲンちゃんが一人でアスタくんに会ったんですよ。
カモ:そしたら電話が掛かってきて、“ヴォーカル決まったよ! ヴォーカル決まったよ!”って。オレたち、まだ会ってないのに。
ゲン:もう、目でわかりましたねぇ。
ヨースケ:でもね、それまでゲンちゃんとはある程度付き合いがあったんですけど、ゲンちゃんの“カッコイイ”とか“カワイイ”とか“すごい”って、ほとんどアテにならなかったんですよ。だからボクたち、全然信用してなかったんですね。
カモ:またか、と。
ヨースケ:だけど翌日に会ってみたら、“あららら、カッコイイじゃない”みたいな(笑)。
ゲン:で、みんなでカラオケに行ってね。
カモ:そしたら(アスタが)カラオケボックスの机の上に乗りだして「ドラゴンボール」を歌ってましたよ。
ヨースケ:まずはどういう歌を唄うのか見極めようと思ったんですよ。それで一緒にカラオケに行ったんですけど…。
アスタ:やっぱり自分が生かせるのは「ドラゴンボール」だなって。
カモ:“西城秀樹求む”って言ってるんだから、西城秀樹の曲を歌えばいいのにね(笑)。で、じゃあ次かなって思ってたら、次は「水戸黄門」「宇宙戦艦ヤマト」…なかなか来ないんだよね。
●アスタさんのルーツはどこなんですか?
アスタ
:ルーツは秀樹さんですよ。でもそのときは、ボクを120%出せる曲は「ドラゴンボール」かなって思ったので。だから自分なりに振りも付けて。
●だけど、こういう人材を求めてたんですよね?
カモ
:求めてましたねぇ。
ヨースケ:それを恥ずかしがらずに本気でやりきってる姿にボクたちは感動しましたね。
カモ:オレたちと同じ匂いがするって思いました(笑)。
アスタ:でも、そのときはなかなかマニアックで、“エコー、切らせてもらうから”って言われて。
カモ:もうね、アスタくんに至るまでにかなりの人数会ったんですよ。だからエコーを強くかけるとうまく聞こえるっていうのがわかっていたので、それは切らせてもらいました。
ヨースケ:なかなかオーディションっぽいですよね。それで、そのあとにボクたちが今までやってた曲を聴いてもらって、そしたらアスタくんも“カッコイイ、ぜひ一緒にやらせてもらいたい”と。それでやっと4人揃いました。
カモ:オレたちも選ばれた感じで。
●それからはすぐに4人での活動を始めた感じですか?
ヨースケ
:そうですね。早くリサイタルをやりたくて仕方なかったので、その年の12月頃には最初のリサイタルをやりました。で、今でこそボクらはこんな格好をしているわけですけど、ここに至るまでにはいろんな衣装を着てたわけですよ。
カモ:セクシーな、そしてほかにない衣装を。
ヨースケ:で、試行錯誤した結果 、その当時、女性の間でエスニック系の民族衣装のような服が流行っていたので、それをオレたちも取り入れようぜってなったんです。それでさっそく民族衣装屋さんに行っていろいろ買ってみたんですけど、ギターのカモくんが民族は民族でも、どう見ても酋長寄りで…骨とか付いてそうな感じ(笑)?
(一同笑)
カモ:大きな肉が似合いそうな(笑)。でも、ゲンちゃんもドラムなんで、体格はすごくしっかりしてるから、女性のピタッとした服を着たら(身ごろの合わせを指しながら)ここらへん、ビリッビリに破けてたよね。
ヨースケ:リサイタル中にビリビリに破けて。まぁ、その衣装は後にも先にもその日だけ。
●(笑)アスタさんはその頃、一緒に始めて間もなかったと思いますけど、そういうのには抵抗はなかったんですか?
アスタ
:それは大丈夫です。それよりも、そのあとのほうが…。
ヨースケ:その後もまた、いろいろあったんですよ。ほかにはないことをやりたいって常に思ってたんですけど、そこでギターのカモくんが…(笑)。
カモ:またオレか?
ヨースケ:(笑)あのね、この話と関連してくるんですけど、カモくんはファッションセンスとか、なかなか最先端のものを持っていて、豹柄のTシャツに花柄のパンツとか、チェックのシャツに水玉 とか…。 アスタ:柄ものに柄ものをね。
ゲン:ある意味個性的なんだけどね。
ヨースケ:そう。そんなカモくんが、“オレ、新しい衣装を考えてきたんだ”って言うから聞いてみたら、“全身、赤ヘビ柄のスーツなんてどう?”って。で、パッと聞きカッコイイじゃないですか、赤のヘビ柄って。一瞬カッコイイんですけど、よーく考えて生地とかを見に行くと、どう見てもカッコ悪いんですよね。 カモ:オレは、“これで売れる!”と思ったもん。赤ヘビで天下取るって。
ヨースケ:アハハハハ!
ゲン:真剣な目、してたもんね。
アスタ:ボクはそれを聞いて、真剣に“あ、これは辞めたほうがいいかも…”って。
(一同爆笑)
ヨースケ:ずーっと言ってたんですよ、“ヨースケ、あれはどう思う? オレはイマイチだと思うんだよな…”って。で、一度はその話で盛り上がったんですけど、その後のスタジオのときに、アスタくんが“オレさぁ、その衣装で行くんならもう紫苑辞めようと思う”って。
ゲン:その話ね、ゲンもされた。
ヨースケ:ホント!?
ゲン:うん、一対一でされた。
●本気で悩んでたんですねぇ。
アスタ
:本気で悩みましたね、あれはね。
カモ:それを最近知りましたからね。これはだいぶマジですよね。オレは円満に終わったと思ったんですよ。まぁ普通 にボツになったんだろうと思ってたんですけど、そんなエピソードがあったんですね。
●心にちょっと傷が…。
カモ
:どうせだったらざっくり言ってほしかったですね。“センス悪いよ(笑)!”って言われて、笑って終わりたかった。
アスタ:(笑)でもまぁ、それがあって今があるんですから。
●乗り越えたんですもんね。
アスタ
:そうですよ、ホントに。ひとつ大人になったんです。自分の中で開拓されたんです。〈アスタ・レボリューション〉ですよ。
ヨースケ:(笑)でもね、後にも先にも解散の危機ってそこだけだったんですよ。
カモ:それだけなの!? オレだけなの?
ヨースケ:そう。もうそれくらいですね、ホント。今までも“4人とも仲良いけど、解散しそうになったことってないの?”って聞かれたときは大抵この話が出てきて、それ以外は出てこないんですよね(笑)。まぁ、ある意味きっかけを作ってくれたというか。
ゲン:伝説を作ってくれた。さすがリーダーだよね。
ヨースケ:ね。
ゲン:よろしく!
カモ:あぁ…ありがとう。…絆が深まりましたよ、今!
●深まりましたね(笑)。でもそれが音楽的なことではないところが。
(一同爆笑)
ヨースケ:大切です、大切です。
カモ:まずは格好です。バンドとかは、みんなそこから入るんですよ。
●ちなみにヨースケくんとゲンちゃんは問題なかったんですか?
ヨースケ
:斬新だとは思ったけど、でもボクもどうなのかなって、ずっと悩んではいたんですけど。
ゲン:疑問には思っていたんですけど、でもちょっと乗ってましたよ。
アスタ:もう、この話題はやめましょう。辞めますよ、ボク。
(一同爆笑)
●ゴメンナサイ(笑)。ちなみに今の衣装になったのはいつくらいからですか?
ヨースケ
:2002年の5月くらいですね。
●…お洗濯とか大変ですよね。
ゲン
:大変ですよぉ! 白なんで。
ヨースケ:シミ抜きとかすごく大変でね。汚れ、目立ちますからね。
ゲン:最近は行きつけのクリーニング屋さんができて。
ヨースケ:まぁ、アスタくんが堕としたんですけどね。
カモ:定休日なのに、アスタが“もしもし、紫苑ですけど”って電話したら開けてくれるんですよ!
ヨースケ:夜10時とかでもフツーにね。だいたい街のクリーニング屋さんって、8時くらいには閉まっちゃうじゃないですか。
アスタ:12時くらいでも、そのときに電話して“行きます”って言ったら全然やってくれますよ。
●へぇ〜〜〜〜〜〜〜〜(感心)。
ゲン
:この前なんてブラウス代おごってくれたからね。
ヨースケ:(笑)これはすべてアスタくんのおかげなんです。
●マダムキラーだ(笑)。
アスタ
:マダムキラーっていうより、ボクがたぶん好きなんですよね。
●あ、お姉さまを(笑)。
アスタ
:そう。落ち着くんですよ。
ヨースケ:でもマダムキラーって言ってますけども、マダムよりもまたさらに上なんですよね、アスタくんが一番盛り上がっている人たちは。
アスタ:以前、近所で餅つき大会があって、そのときもやっぱり、周りにおじいさん、おばあさんがたくさんいて。
カモ:メンバーみんなで行ったんですけど、いつの間にか一画にすごい人だかりができいて。それで、何だ!?と思ったら、おじいさんとおばあさんの中心でコイツ(アスタ)がずっと笑ってた。
アスタ:一緒に餅を食べながらね。
●和んでたんだ(笑)。
カモ
:あれはびっくりしたよね。
ヨースケ&ゲン:うん。

自分がやりたいものを本当に濃く、
そのまま出すには、基本は4人でやるのが
いいのかなって思います

●バンドだけど、最初からショーとして見せたい気持ちが強かったんですね。
カモ
:それは結成当時からあって、一番最初のリサイタルでも寸劇めいたことをやってましたね。
ヨースケ:怪談話とかね。
カモ:いきなりイスを出して、怪談話を始めて。しかも、ちゃんとオチがあるやつだったらいいんですけど、“あなたの後ろの人が立ってます…ワーッ!”って脅かすやつがあるじゃないですか。それをやったらお客さんが泣いちゃったりして。で、その後はもう曲どころじゃなくなってしまって。
ヨースケ:それでボクらもちょっと落ち込んでる…みたいな(笑)。
ゲン:お客さんも、何てことしてくれるんだ!って顔で見てたね(笑)。
ヨースケ:それでこのあと盛り上がれって言われてもねぇ。“お前ら行くぞ!”ってやるんだけど、みんなシューンとしててね。
ゲン:あれは失敗だったね。
●そこまで恐い話をしなくても(笑)。じゃあ最初にインディーズでCDを出したのは?
カモ
:最初にCDという形で出したのは『ロマンチック・ゴーゴー』というミニアルバムで、それが…2001年?
ヨースケ:去年が2003年ですか?
●そうですね。
ヨースケ
:じゃあ、2002年の5月じゃない?
ゲン:今2004年か…。
ヨースケ:うん。
ゲン:じゃあ2002年だね。
ヨースケ
:だから去年が2003年って言ってるじゃん(笑)。
ゲン:ゴメンゴメン。
●解散しないでくださいね。
ヨースケ
:何でそんな危ういバンドにするんですか(笑)!
●(笑)わからないけど、脆いところがほかのバンドと違う気がするから。
(一同爆笑)
ヨースケ:あぁ、ネタが悪いとか間が悪いとか。
●そうそう。
ヨースケ
:それはあるかもしれないですね。
カモ:本気で怒るところはそこですね。“お前、今のツッコミなんだよ! もっといじってくれよ!”って。
アスタ:知ってますね、紫苑を(笑)。
●(笑)で、最初のレコーディングは、どんな感じだったんですか?
カモ
:もう、宅録宅録ですよ。オレがハードディスクを回して、アスタが田んぼの真ん中の一軒家で歌って。
●田んぼの真ん中の一軒家っていうのは?
カモ
:オレの実家です。インディーズのCDも、だいたい4人で貸しスタジオに行って作って、それを大きなスタジオに持っていってマスタリングしてもらったり。基本的には宅録で何でもできちゃいますね。でもそのスタンスは、実は今でも変わってないんですよ。
●最初から自分たちで録音できちゃうくらいの環境だったんですね。
ゲン
:ドラムのレコーディングのときは、よく機械が止まってましたけどね(笑)。
カモ:ゲンちゃん、すごく音が大きいんですよ。だからハードディスク(レコーダー)が止まっちゃって。 ゲン:やったー! やっといいプレイできたー!と思ったら、“ゲンちゃんゴメン、止まってた…”って(笑)。
●離して置いたりしてもダメ?
カモ
:それでもダメなんですよ、同じスタジオの中だと。
ゲン:毛布とかやっても、なかなかダメで。
カモ:振動よりも音の周波数なんですよ。
ゲン:特にバスドラが。
ヨースケ:チャイナだよ。
カモ:チャイナとライドと、あとはベースの音のどこかの周波数で針が揺れちゃって、飛んじゃうんですよね。…スゲェ、こういう話、初めてした(笑)。
アスタ:ボクは、宅録でやってると夜10時以降は音が出せないから、“10時まであと30分しかないから、この30分の間にどうにか録ろう!”って。気張ってやってたのを覚えてます。
カモ:で、終わるといつも、ウチのおかんがカレー作って待っててくれるんですよ、“今日も良かったわね、アスタくん”って(笑)。
アスタ:それで帰る時間に間に合わなくて、その晩はそこで布団を敷いて寝てたんです。
カモ:だから基本は4人だけ。
ヨースケ:基本、友達いないんで、ボクたち(笑)。だから4人になっちゃうんですよね。
●基本、友達いないって(笑)。
カモ
:だけどいいところもあって、4人でやってると方向性がぼやけないんですよね。たとえばコンセプトがあって、こうしたいっていう考えがあっても、アレンジャーさん、エンジニアさん、プロデューサーさんって広がっていくうちに、いろいろ咬まさなくちゃならなくなるじゃないですか。そうすると薄いものになってしまうので、それだったら自分がやりたいものを、“じゃあこうしようぜ”って話しながらメンバーで進めたほうが、本当に濃い、そのままが出だせるんです。だから基本は4人でやるのがいいのかなって思いますね。

リサイタルで何度も止まって痛い思いをしてるし、
見てる人にも申し訳ないじゃないから
いろいろ工夫してます

●話は変わって、紫苑は同期モノが多いじゃないですか。あれは誰が作ってるんですか?
カモ
:オレが打ち込みで。
●結構派手に入れてますよね。
カモ
:もう大好き! 基本は派手でキャッチーでゴージャス、紫苑はそういうサウンドを目指してるので。
●オケヒットとかもすごいですよね。
カモ
:あれはいろんな関係者の方から、“今時あんなにオケヒットを多用するバンドはすごいよ”って言われているんですけど(笑)、ああいうのが大好きなんです。鍵盤1つで“ジャンッ”っていうのが、スゲェ嬉しくて(笑)。オレ、オケヒットだけでシンセのパッチ持ってますから。メジャー、マイナー、ディミニッシュ、鍵盤1つで全部できますからね。
アスタ:なかなかハッピーだねぇ。
ヨースケ:打ち込みっていうものを最大限に有効利用して。
●この打ち込みの感じは最初からですか?
カモ
:そうですね。でも最近は4人だけの音でやったりもしています。今回の「ダーリング」も生のブラスを入れていて、シンセは一切入ってないんですよ。最近は幅を広げようと思っていろいろやってます。
●でも同期のスタイルだと、単純にライヴでリアルタイムに対応するのが大変そうな気がするんですけど…。
カモ
:でも、やっていくうちに、いろいろできるようになってくるんですよ。1曲を2つに分けて、そこで曲を一旦止めるんです。それから生だけで引っ張っていって、あとはヴォーカルのきっかけでジャーンって白玉 (4拍)入れたら、ゲンちゃんがもう1回スタートを押して。
ヨースケ:いろいろ工夫してます。
カモ:でも、そういう部分で悩みましたね。
ヨースケ:うん。…あとね、この打ち込みで苦い思い出が一つありまして。今は全然普通 にやれてるんですけど、前に横浜でリサイタルをやったときに、アスタくんが指輪を外して“さよなら”って言ったら曲をスタートするっていう演出を組んだんですけど、アスタくんが指輪を外して“さよなら”って言ってる間にシンセが一瞬止まっちゃって! そしたらもう、無音ですよ。指輪の音だけ、カラカラカラカラ…って。で、お客さんは“え?”“は?”とかいう顔をしてて、ボクらはどーしよー…って(笑)。
(一同爆笑)
ゲン:あれはホントにたまらなかったね…。
ヨースケ:地元のライヴハウスだったので照明さんとかPAさんも仲良くて、いろいろやってくれていたのでバッチリだったんですよ。そんなところで!
カモ:バッチリじゃなかったのオレたちだけだったな。
ヨースケ:そうそう。まだ覚えてますよね…。
カモ:機材が増えれば増えるほどトラブルも多いじゃないですか。だからもう、同期をMIDIでやること自体、間違ってたんですよ。そういうのがあってシステムを変えたんですけど、そんな思い出がありました。
●打ち込みって、わずかなタイミングの差で印象が違っちゃいますよね。
ゲン
:だから、そのミーティングは結構すごいですよ。ボクがスイッチングしてるんですけど、これもみんなで相当話し合いますもん。
ヨースケ:間(ま)の一つで見ている人をちょっと引かせちゃったりとか、逆にどんどん前に行かせたりできるじゃないですか。
カモ:打ち込みをやってる方だったらわかると思うんですけど、曲の前に1小節の間が絶対できるんですよね。“コッコッコッコッ(クリック) 1、2、3、4”なので、そのクリックをどうやって埋めるかだし、どうやって隠すか。何をどうやって感じさせないようにするか、これの研究はすごくやってましたね。
●それが全部ゲンちゃんにのし掛かってたり。
ゲン:
もうスパルタスパルタ(笑)。“ダメでしょ!”
ヨースケ:“何、今のスイッチは!”
ゲン:“もっと早く!”
ヨースケ:“はい、スイッチング100回!”。…一応、体育会系なんで(笑)。
●(笑)でもそうですよね、せっかくショーをやってるんだから、そこまで詰めないと。
ヨースケ
:間って大切ですよね。
カモ:その間を計算して作ったりもしますからね、集中させるためとか落ち着かせるために。
●同期に関して言えば、たとえば誰かのライヴを見に行って、このバンドと同じようにしたいんだけど、プレイヤーのいない楽器の音はどうやって出せばいいの?って思う初心者の人っていると思うんですよね。
ヨースケ
:ですよね。ボクも不思議でしたもん、バンド始めたとき。
カモ:なんで4人なのにピアノの音が入ってるんだろう?って。で、それをやりたいんだけど、わからないとか。
:何か違う…ってね。だからヘッドホンもスティックを選ぶのと同じくらい、すっごく悩んだんですよ。自分の生音が聞こえてもあれだし、でも周りの音が聞こえないと同期できないし…っていうのがあって、みんなにも選んでもらって。
カモ:密閉タイプにするのか、引っ掛けるタイプにするのか、イヤホンにするのか…とか。同期講座とかやります(笑)?
アスタ:あとはVS(ローランドのハードディスクレコーダー)の保護の仕方とかありますよ。ちなみに今は毛布ですからね。
ヨースケ:モリ・ハナエ。ゲンちゃん家から勝手に持ってきちゃったやつ。お母さんはいまだに探してる。 ●そうなんだ(笑)。
アスタ:あとは下にスポンジを敷いたり。それは実際にスタジオでやったんですよ。どうやって敷いたら止まらないかって、重ねて置いてみたり、4つ離して置いてみたり、くっつけて置いてみたり。
●すごく細かいところにまで気を遣ってますね。
ヨースケ
:リサイタルで何度も止まって痛い思いをしてるし、見てる人にも申し訳ないじゃないですか。
カモ:それにバシッと決まったら、すごくゴージャスですしね。




 


※SAへのバンド出演依頼 、タイセイ(SA)含むBoo Zee LoungeクルーへのDJ出演依頼、 ブライアン・バートンルイスへのDJまたはMC出演依頼は、familiesまで。   ※本サイトへのご意見、ご感想はこちらへ