格段に上がったライヴ力で
より印象的なステージを展開


 The Seekerに大きな変化の兆しが見え出したのは、2年前にリリースされたサードシングル「Gather Roses」の頃。それ以降は、D.Kのヴォーカルが自然体に近づき、サウンドもダンスサウンドからプログレ的楽曲が増えてきた。そして、D.Kの強烈なキャラクターを前面 に押し出す展開がなされ、彼はそれに応えるように、あらゆる面 で存在感を強めていった。対してギターの伊藤賢一は、“The Seekerのギタリストとして”という部分をより深く追及していったような印象がある。そんな彼らの、一つの節目となるライヴが、バレンタインに行なった“The Seeker Live -VANITY or VALENTINE?-”だ。
 ライヴは「intoccabile」からスタート。イントロで存在感を示すのは、伊藤のディストーションの利いたギターサウンド。そして低音が響き、さまざまなサウンドが絡み合い、うごめく。メロディラインも変化を繰り返し、強くはあるが、その全体像をすぐには掴ませない。で、そのあとはもう、縦横無尽な展開に。空間を感じさせる「Walpurgis」や、超ポップな「cendrillon」も、アッパーな楽曲ではないが息をつかせない。続くプログレ的「Acid Child」から、D.Kの独壇場である「Forma divina」の流れでは、急流を下っているようなアップダウンと、そのあちらこちらから弾けてくるサウンドに襲われる。
 そして、そのうねりを残したまま、怒濤の後半へ突入。後半では、ユニット始動時からライヴの定番となっている楽曲が続くが、派手なライヴアレンジが新鮮味を与え、面 白いように音にのめり込ませていく。通常のワンマンに比べると短い時間の中で、これだけさまざまに聴かせることは、容易ではないだろう。でもThe Seekerは毎回それをやってのけ、ここ最近ではライヴ力も格段に上がり、より印象的に見せていた。
 中盤のMCは、今回はなかったものの、アンコール前と全演奏終了後には、D.Kの毒舌トークが全開! ファンを捕まえて“この中で一番気持ち悪いアナタ!”と言うD.Kに、言われた本人と、そして周りも笑顔で反応するっていうのは、よく考えたらすごい関係だなと思う(笑)。が、これもやっぱりThe Seekerに欠かせない、むしろ彼らにしかない魅力だ。
 変化はあるが、時間は止まらない。…ってことで、久々となる大阪、名古屋公演、そして東京での公演も発表されたので、まずはニュー The Seekerのお手並み拝見といきましょう!


SET LIST
01.intoccabile
〜イントッカービレ《犯されざる者》〜
02.Walpurgis-ワルプルギスの夜-
03.Cendrillon
04.Acid Child
05.Kiss For SALOME
06.Forma divina
07.DOWSING
08.Sleepless beauty
09.Heavenly Blue
10.Stigma
EN01.神曲-La Divina Commedia-
EN02.Gather Roses


Information
LIVE
The Seeker Tour-Le Grand Guignol-
4/18(日)心斎橋ミューズホール
問:キョードー大阪(06-6233-8888)
5/8日(土)名古屋 ハートランド
問:サンデーフォークプロモーション(052-932-1151)
5/15(土)渋谷クラブエイジア
問:キョードー東京(03-3498-9999)
RELEASE
FIRST DVD
『Le Grand Guignol -peindre-』
ダーウィン
DWSK 005
2,000円(税込)
5月31日リリース
※全国の特約店舗、及び通信販売にて販売。詳細はオフィシャルサイトまで。

OFFICIAL SITE
http://www.theseeker.info